So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

小沢 国策捜査その7 [ニュース]



YouTubeでいろんなメディアを見てるとやっぱりこの捜査に疑問を呈する人が多い。

それなのに新聞の記事は土建屋に融通を利かせてたとか、談合組織があったとかばかり出てくる。

これは地検のリークなんだろうけど、土建屋の談合決別宣言のずっと前の話であったり、名誉毀損と言っても良いくらいに迷惑な話だ。

どれくらいの人がこんな話を信じるんだろうか。

犯罪を犯した政治家がまた選挙に当選するように、政治リテラシーは低いままなんだろうか・・・・・。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

小沢 国策捜査その6 [ニュース]

小沢さんの秘書が逮捕された事件、決め手がなくなってマスコミの報道の報告は土建屋の談合に向かって来た。

これもすべて地検がマスコミリークで捜査しているんだ。

秘書の容疑がそれほど深く追求できないんで、ばかなマスコミをつかって話題をそらそうとしている。

談合決別宣言をしたのにいまさらまた昔の話を蒸し返される土建屋さんは良い迷惑だ。

地検もこんな軽率な罪でしょっぴくなら、自民党も全滅だろう。

今度の選挙で臭そうな政治家はすべて落とすべし、日本国民をなめるなよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

小沢 国策捜査その5 [ニュース]

小沢さんの捜査の全容がだんだんと見えて来た。

田中角栄、金丸信、小沢と続いた金脈に執着した地検の執念と言うか、しかもこのタイミングで捜査に踏み切るってのはやっぱりおかしい。

マスコミへのリークの仕方とかマスコミの焦点がゼネコンの談合に移っていったり、小沢さんを上げるまでには行かないだろうが、秘書が起訴されれば彼はさっと辞任するんじゃないだろうか。

その方が残された党の政治家たちのためになると思う。

で、結局はいつまでも権力にしがみついている麻生さんの馬鹿ぶりが浮き彫りになるんではないだろうか。。。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

小沢 国策捜査その4 [ニュース]

美味しんぼ原作者の雁屋哲さんの日記にこの国策捜査について痛快に書いてくれている。

官僚にとっていまのぬるい自民党政権の方が自分たちの好きな様に政治家を操ってやってけるから都合がいいのである。

天下り、渡りを繰り返してとりあえず自分の老後は安心だろう。

しかし地検も官僚も自民党ももっとうまいやり方があるってもんだろう。

いまの日本の政治家はフィリピンの政治家と同じレベルだ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

小沢 国策捜査その3 [ニュース]

なんか政府の化けの皮が1枚、2枚とはげていってる様な。。。。

やっぱ言った通りだった。

もう振り上げた拳をおろすところはなくなってきた。

政策権限のない小沢さんより政策権限のある自民党の方が臭いに決まっている。

いくら地元で力があると言っても小沢さんが直接斡旋をやるほど馬鹿じゃないだろう。

どうせ秘書どまりで終わるだろう。

そのあたりが激動の政治を演出して来た小沢さんだろう。

麻生さんもこれくらい考えてればね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

小沢党首 国策捜査その2 [ニュース]

新聞報道はすべて小沢が悪いの方向でしか報道されない。

地検がわざとそのような情報しか流さず、マスコミに報道させているとしか思えない。

秘書が西松からの金だと分かって入金していたら問題であるが、それは秘書の罪となるし、そこから小沢さんが影響力を発揮して便宜を図ったのかまだ情報が出てこない。

便宜を図ったことが実証できないのであれば、それは秘書の罪で止まるところ。それをマスコミは小沢=汚い、金まみれの様に報道している。

西松の社長はべらべら地検にしゃっべってるんだろうから、もっといっぱい政治家が同様な容疑で捕まるはずだ。

それが民主党、それも小沢さんしか出てこないと言うなら国策捜査と見られても仕方がない。

こんな汚い手を使ってまで政権維持をしたいのか、これが自民党の仕業なのか、官僚の仕業なのか、

いい加減に日本国民も目覚めてるんでないか?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

国策捜査 [ニュース]

民主党の小沢代表の秘書が逮捕された事件、国策捜査くさい。

民主党も国策捜査だと反論しているが、麻生さんよ、そこまでやるかってのが最初にニュースを聞いた印象。



国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて

  • 作者: 佐藤 優
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/03/26
  • メディア: 単行本



この本を読んでるから絶対に政権が仕掛けた捜査であると思う。

自民党の政治家のコメントを聞いても、そう言う感じが端々に聞こえる。

自民党ももうおわりにしないといけない。

それが日本国民にとって一番良いと思うが・・・・。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

ほとぼり?が冷めるまで [ニュース]

中川前財務相が国会採択を欠席したらしい。

ほとぼりというか二日酔い[ビール]はもう覚めてるだろう。

何か事件、スキャンダルがあるとほとぼりが冷めるまでどこかに隠れていたら、また次があると思ってる政治家はなんだろうか。

こんな政治家がまた選挙に出ると地元のだれが利益を受けるのか知らないが、また当選するばかな選挙民がいる日本。

最悪だ。
いいかげんに「CHANGE」だで!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

GM破綻 [ニュース]

GM破綻寸前だ。

UAWという労働組合に所属するワーカーはすごいベネフィットに守られていてGMに就職するんではなくてUAWに就職すると言う。

決まった時間になればいくら仕事があっても家に帰ってしまうらしい。

UAWの労働組合と企業側との契約で医療保険や退職金やいろんなベネフィットがついてるから、このコスト負担でGMは首が回らなくなって、これからのエコカーの開発に金が回らない。

アメリカ人はトラックや大型ユーティリティーカーを好む。

私も大型車は大好きだ。

アメリカなんて道は広いし、駐車場も大きいし大型車で十分だ。

GMの破綻にはアメリカのビジネストレンドが影響している。

すぐに結果を求める株主、10年先の会社の姿は後回しにしてその場の結果を出し膨大な報酬を奪い取る雇われ経営者たち。 

日本の経営者の方が心意気と良いすばらしい経営者が多い。
経営者としてはどうかとは思うが、日航の社長が電車通勤し、社員食堂で昼食をとることが話題になるアメリカのビジネスシーンは何かおかしい。




ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

  • 作者: ジェームズ・C. コリンズ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: 単行本





ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

  • 作者: ジェームズ・C. コリンズ
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2001/12/18
  • メディア: 単行本




ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

  • 作者: エリヤフ ゴールドラット
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2001/05/18
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:仕事

ごっくん、やっちゃった [ニュース]



中川さん明らかに酔っぱらってるよな、

ごっくんやった後としか思えない。

円高に対する議論も出されず、日本は置いてきぼりだからそりゃ、酒も飲みたくなるだろう。

まあそんなに飲んだら記者会見なんかすんなよ。



前の10件 | - ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。