So-net無料ブログ作成
検索選択

虐殺事件 [フィリピン政治]

ミンダナオで知事選候補者一族同士の虐殺事件があった。60人近くが殺された。

さすがに日本の新聞やCNNなどインターナショナルメディアでも取り上げられている。でもミンダナオで起こった事だから映像も入れてショッキングには伝わっていない。

犯人は明らかだ、一方の候補者の私兵がやった。しかもこの私兵が100人くらいいると言う。

徐々に証言者が出て来て事件の全貌が明らかになって来た。

一方の候補者が殺人を指示した容疑で逮捕されてマニラで留置されたが、次の日には病気だと言って病院に移送されてしまった。

なぜ明らかな選挙候補者同士の争いに、フィリピン史上ない虐殺事件に国家警察は犯人を逮捕、即起訴できないのか。

容疑のかかった候補者の一族はモスリム地区を統治する地位に就いており、非常に大きな権力を維持している。彼らが前回の大統領選挙でアロヨの投票改ざんに大きな協力をしたと言われている。

だからこの容疑者一族にアロヨ大統領は手を出せないのである。

すべては政治的取引できまるフィリピンの恐ろしさ。

気に入らなければ殺し屋やとって消してしまえばおわりなのだ。

こんなことアフガニスタンなんかと同じである。アフガニスタンの大統領選挙のごたごたを見ていてフィリピンとおんなじやんと思うのは私だけではないはずだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。